バンドワゴン効果

バンドワゴン効果とは

アメリカの経済学者ハ―ヴェイ・ライベンシュタインが提唱した、大勢がある選択肢を選択している状態が、その選択肢を選択させるのを更に増大させる現象です。つまり、大勢に人気のあるものやたくさん支持されているものに惹かれるという現象のことです。たとえば、行列のできているラーメン店を見たときに「こんなにたくさんの人が並んでいるのだから美味しいに違いない」と思うことがありますよね?特に日本人は人気があるものに影響されやすいので、バンドワゴン効果が発揮されやすいと言われています。

ファンビジネスがうまくいくわけ

近年ではファンビジネスという言葉を聞くことがあると思います。ファンがいるとビジネスは成功します。例えば、出版社はテレビに出ている芸能人や著名人に本を書かせることが多くなりました。〇〇賞ですら、芸能人が選ばれることも出てきました。なぜなら、芸能人はファンがついているので本が売れるからです。さらにファンが本を買って話題になればなるほど、バンドワゴン効果でもともとのファンじゃない人からの購入も期待できます。私の知り合いでは有名人とはいかないまでも広い人脈を利用して飲食店の経営で成功している人もいます。ファンビジネスはれっきとしたビジネスモデルになっているのです。

愛想がいいと得をする

バンドワゴン効果は個人にも影響を与える場合があります。例えば、当人がいない場所でその人の話になった時にみんなの評判がよかったら少数派の人も同調するのではないでしょうか?さらには「その人を悪く思っていたのは勘違いだったのかしら」と印象を改めるかもしれません。だから、愛想がいい人は自分がいないところでも評価が上がり続けます。もし恋愛などで応用したいときはその人の周りに愛想よくするとともに、ちゃっかりモテてる感を出すのもいいと思います。ただし、あまりアピールし過ぎると逆効果なので直接は言わないけど、この人ってモテるんだろうなあと思わせることがポイントです。

企業は意識して集客することが大事

バンドワゴン効果を知っているだけで集客の仕方が変わってくると思います。たとえば、ある飲食店では行列を作るためにさくらを雇っているところがありました。そうまでしてでも人気のある店だと思わせることが集客に大事だということです。特に最近ではSNSが発展し、バンドワゴン効果もさまざまな使い方ができるようになったと思います。インスタグラムのインスタ映えなんかも綺麗な写真とともにハッシュタグがつける人が多くいたら、それだけで拡散し、バンドワゴン効果を発揮するでしょう!効果は保証しますので、いろいろ応用して使ってみてください。

まとめ

  • バンドワゴン効果とは人気があるものや支持されているものに惹かれる現象のこと
  • ファンビジネスが成功する理由はファンによってある程度の人気が保証されてバンドワゴン効果を発揮するから
  • 個人でも使いようによっては応用できる
  • 企業はバンドワゴン効果を甘く見ずに施策するべし