【悪用厳禁】カバートアグレッションが持っている14のスキル《前編》

下の記事が好評だったのでカバートアグレッションについてもう少し深堀りしていきます!

隠れた攻撃性を持つカバートアグレッションですが、彼らのスキルは上手に使えば他人を操作することが容易です。

今回はそんなカバートアグレッションの14のスキルについて紹介します!

2つの攻撃タイプについて

そもそも攻撃性には2つのタイプがあります。

明白な攻撃性隠れた攻撃性(カバートアグレッション)です。

明白な攻撃性を見分けるのは簡単です。

隠さずに敵意を向けてくるので、相手の言動から判断できるからです。

しかし、隠れた攻撃性は見分けるのは困難です。

なぜなら、それは計画的な攻撃であるからです。

彼らは人の心理を操作するのが上手く、頭が良い人が多いです。

また、人はもともと防衛能力も備わっています。

当たり前ですが、わかりやすく相手を攻撃する人はその人自身も攻撃を受けやすいと言えます。

カバートアグレッションは攻撃していることがわかりづらいので、結果として自己を守る防衛能力が非常に高いです。

隠れた攻撃性は隠れた願望のため

カバートアグレッションは単に誰かを攻撃をしているわけではありません。

彼らは何かの目的を達成するために動いています。

例えば、隠れた攻撃性を向けている相手より優位に立って恋愛を成就させたいとか、相手を蹴落として出世したいとか目的はさまざまです。

一人で達成するのが難しいことでも周囲を利用することによって達成できることを彼らは知っています。

集団や組織の中で要領が良い立ち回りができる存在と言えるでしょう。

カバートアグレッション14のスキル

否定

カバートアグレッションは周囲に攻撃性がバレそうになった時に非を認めることはありません。

攻撃していることを認めてしまうと立場が悪くなってしまうからです。

否定する代わりに知らないふりをして攻撃性が間違いであったかのように見せることでその場を切り抜けるのが上手です。

⓶選択的不注意

否定の手段として使われる知らないふりがこれにあたります。

知らないふりや気付かないふりというのは相手に同情させる最もな方法です。

普通の人は相手をむやみに傷付けたりはできないので、攻撃性に悪気がないとわかれば、それ以上に相手を責めることができないからです。

カバートアグレッションはそういう心理を上手に使うことができます。

⓷合理化

合理化はカバートアグレッションが得意とする弁解のスキルです。

人同士で何か問題が起きたとき、どちらかが100%悪いということはありません。

普通の人は相手にほとんど非がある場合でも自分自身にも何かしらの非があることを認めます。

そういう部分につけ込んで正当化を図ってきます。

これは非常に厄介であり、相手が悪いはずなのにいつの間にか自分が悪者になっていたということも珍しくありません。

冷静な状態の第三者であればすぐにわかることであっても、当事者だったら最後には言いくるめられることもあるので注意が必要です。

⓸転換

話題を変えたりして注意をそらすことです。

マジックなどでもよく使われる注意をそらす行為は人を惑わすためにとても効果的です。

また、彼らは急な話題転換により相手を混乱させ、話の主導権を握ることを得意としています。

交渉において相手を説得するために主導権を握って話を誘導することは重要ですが、これは主導権を握って話を誘導することが出来れば、相手をいくらでも丸め込めるということも意味します。

人の心理を活用した一つのスキルと言えます。

⓹嘘

カバートアグレッションが使う嘘とは完全なる嘘ではないです。

人は主観を大切にする生き物です。

そして、物事はある一面から見たときと他の一面から見たときでは全く違うように見えることがあります。

例えば、正義と悪に関しても物事の見方次第ではどちらが正義でどちらが悪なのかわからなくなる時もあると思います。

彼らはこのさじかげんを熟知しています。

全体を知れば完全に非があることでも自分が有利になる事実だけに焦点を当てさせるように仕向けます。

彼らの嘘は厳密にいえば、不利になる事実を曖昧にし、有利になる事実を明確にすることです。

⓺隠れた脅迫

隠れた脅迫とはまさに無言の脅しです。

これは少しわかりづらいですが、たとえば集団において立場を脅かしたりします。

カバートアグレッションは表向きは善意ある人柄を演じているので、もし明らかな攻撃性を向けようものなら、すぐに悪者にされてしまいます。

集団内でのポジショニングが上手いので、敵に回したら孤立するという恐怖を無言で与えて相手を脅迫します。

カバートアグレッションが持っている14のスキル【前編】まとめ

この記事ではカバートアグレッションが得意とするスキルを6つ紹介しました。

今回紹介したスキル
    • 攻撃性を絶対に認めず、知らないふりなどで否定する。
    • 知らないふりや悪気がない風を装い、同情をひく。
    • 物事の一面に焦点を当て、自分を正当化する。
    • 話題を変えたりして注意を逸らし、話の主導権を握る。
    • 自分に有利な事実を明白にし、不利な事実を隠す。
    • 集団内で有利なポジショニングを取り、無言で相手を脅迫する。

続きは後半をご覧ください!