【コレだけ】カバートアグレッション7つの特徴

テラハの記事が長いという要望があったので、この記事ではカバートアグレッションについてだけ書きます!

カバートアグレッションとは

いい人味方のふりをしてあなたを攻撃してくる人」、「善意を装って、あなたが不利益を被る行動を確信犯的に行う人」のパーソナリティ(性格)のことです。

日本語で直訳すると、隠れた攻撃性という意味です。

あなたの周りにもこういう人いませんか?

もしかしたら、本当は周りにいるけど、気付いていないだけかもしれないですね。

彼らはいかにもあなたの味方のように近づいてきて、悪気がなさそうにあなたを突き落としてきます。

あなたの為と言いながら、あなたが知らないところで、あなたの評判を下げているかもしれません。

恐ろしいですね(笑)

そして、何より厄介なのは彼らと関われば関わるほど人間関係が消耗していくだけだということです。

私は過去にテラハのりさこのような立場になったことがあり、そのコミュニティを離れることになりました。

友達を信じることは大切ですが、自分が騙されてばかりだと人生に絶望する時がきっときます!

そうならないためにカバートアグレッションという言葉を知っていただきたいです。

カバートアグレッション7つの特徴

ここではメンタリストdaigoが謳うカバートアグレッション7つの特徴を紹介します。

①無垢・無知を装い、時には混乱している様を演出する

基本的に彼らは賢く、相手の話などをよく覚えています。

しかし、自分の都合の悪いことや不利なことは無知であるかのように装ったり、積極的に忘れたふりをします。

恐ろしいですよね(笑)

さらには混乱している状態を演出し、周りを振り回します。

②質問への回避傾向がある

カバートアグレッションの人は答えにくい質問や自分に都合の悪い質問は曖昧にする傾向があります。

普段はコミュニケーションが成り立つのに、あなたが問い詰めようとストレートな質問をしたときに論点が違う返答だったリしたら、要注意です。

また自分に不利な質問に対してはいきなり話題を変えようとします。

基本的に彼らは言質を取られることを嫌い、自分を直視しようとしないです。

③巧妙な嘘をつく(細部をぼかしたり・重要な内容を隠したり)

カバートアグレッションは平気で嘘をつきます。

そして、彼らの嘘は簡単にバレるようなものではないのが厄介です。

というのも、事実と違うことを言ったりするのではなく、都合の悪い内容をぼかしたり、重要な事実を隠したりするからです。

そうすることによって、自分が有利になると判断した場合、誤解を与えるように周りを誘導します。

これはテラハの今回の事件をイメージすると一番いいかもしれませんね。

今までの3つは器用に相手を思い通りコントロールするいかにも隠れた攻撃性って感じです。

ここからの4つは相手を上手くコントロールできなかったり、自分が不利な状況に追い込まれたときに見せるマウントを取った隠しきれない攻撃性が現れた姿です。

④公衆の面前で急に怒る

1対1ではなく、公衆の面前で行うのがポイントとなってきます。

みんなの前で感情をあらわにすることで目の前の相手の譲歩を引き出そうとします。

例えば、あなたが男性で自分の彼女がカバートアグレッションだとします。

みんなの前で急に彼女が怒りだしたら、たとえどんな理由だとしてもあなたは彼女をなだめますよね?

さらに言えば、自分が全く悪くなくてもごめんって謝っちゃいますよね?

この状況です(笑)

彼らはこのようにあなたをコントロールしようとします。

⑤被害者面をし、環境や状況のせいにする

これも目の前の相手の同情を引くためです。

彼らは、明らかな自分のミスや不利なことに対しても、「どうして〇〇しちゃったんだろう?」と状況や環境等を考え、すべてをそのせいにします。

環境や状況のせいにするのは、人のせいにしてしまうとそのことで喧嘩になってしまうからです。

ほんと頭いいですね(笑)

例えば、あなたが友達に遊ぶ約束をドタキャンされたとします。

そして、あなたが友達を問い詰めたときに、「会社の同僚と飲むことになっちゃったんだから、仕方ないじゃん」なんて言ってきた場合などです。

仕事の付き合いも大事だからと共感はできると思います。

そして、逆に配慮が足りなかったって思ってしまうことはありませんか?

でも、実際あなたは全然悪くありませんよね?

このような状況を意図して作るのがカバートアグレッションです。

つまり、環境や状況のせいにした挙句、あなたを悪者にしてコントロールしようとします。

⑥自己正当化したり、矮小化をする

彼らはとにかく自分を正当化してきます。

例えば、「〇〇だったから私は悪くない」などと、いかにもそれらしい理由をつけて自分を正当化します。

さらにもし、「あなたの為を思って…」なんて言われたら要注意です。

そこであなたが謝ろうものならば、あなたがすべて悪いことになってしまいます。

また、矮小化するのも朝飯前です。

例えば、「あなたがした〇〇に比べたら、私のしたことは全然悪くない」という言い方をします。

本当は同じくらいかそれ以上のことをしたにも関わらず、相手の罪悪感を上手く使って誘導するのです!

⑦恥ずかしい話や失敗談などを頼んでもいないのに話すように誘導する

彼らは例えば、複数人が集まっている飲み会などで「そういえば、前に言ってた〇〇の話してよ」とあなたに言ってきたりします。

頼んでもいないのにです。

あなたはその人だから話そうとした恥ずかしい失敗談や恋愛の話をみんなの前で話すことになってしまった経験はありませんか?

そんな彼らはあなたに恥ずかしい話をさせることで優位に立とうします。

悪気がないからと許してしまうといつのまにかグループで孤立しているなんてことも…。

カバートアグレッション7つの特徴いかがでしたか?

これらのうち、2個以上当てはまるものがあれば、カバートアグレッションの可能性が高いです。

彼らの悪気がないように思えて攻撃してくる性格って正直恐ろしいですよね(笑)

【コレだけ】カバートアグレッション7つの特徴まとめ

いかがでしたか?

7つの特徴
    • 知っているにもかかわらず、無垢・無知を装い、時には混乱している様を演出する。
    • 質問へは曖昧に返事して回避する傾向がある。
    • 都合の悪い内容をぼかしたり、重要な事実を隠したりと巧妙な嘘をつく。
    • 譲歩してもらうために公衆の面前で急に怒る。
    • 元凶にもかかわらず、被害者面をして環境や状況のせいにする。
    • それらしい理由をつけて自己正当化したり、問題を矮小化する。
    • 人の恥ずかしい話や失敗談などを頼んでもないのに話すように誘導し、主導権を握る。