自信のつけ方

誰でも変われる

自信は自分を信じると書きます。その名の通りで自信って自分次第なんですよね。よく他人と比較する人がいますが、それって本質から離れているし、上には必ず上がいるから常に安定しないんですよね。でも、自分のやってきたことに対する自信とか未来の可能性に対する自信っていうのは自分でコントロールできるものだから、安定しているし揺るぎないものです。

実際、そういった自信を持つだけで人生が変わったっていう人もたくさんいるので、自信を持つということはそのこと以上に価値のあることだと思います!みなさんもこの記事を参考にして自信に溢れた人間に生まれ変わりましょう!

過去を振り返る

自信を持つためには自分自身に着目することをお話ししました。

ではまず最初に何をすればいいのか?

私は過去を振り返ることをおすすめします。そして、自分を今よりも深く知ることが大事です!過去の出来事から自分がどんな性格かどんな傾向があるのかを見つけます。実際やってみるとわかると思うんですけど、あまり自分自身を客観的にみる機会がないので、意外な発見ができると思います。

次に自分の性格や傾向を整理出来たら、目標決めです!

あなたが自信を持つための軸になることなのでそれも考慮したうえで考えてください!

目標(ゴール)決め

  1. どういう自分になりたいか
  2. それを叶えるための期間はどれくらいか
  3. それを叶えるためにどういうプロセスが必要か
  4. それを叶えるために毎日することは

何事もそうですが、まず最初に目標を決めます。自信を手に入れるとは手段であり、ゴールは自信を手に入れた自分がどういう人間になっていたいかです。難しい話ですが、自信を持つために自信を持つという人はいないと思います。堂々としている〇〇さんを見て、俺(私)もああいう風になりたいという理由から自信を持ちたいと思ったでしょう。だから、その背景を思い出しながら、理想像を目標にするとモチベーションになります!例えば、周りから信頼される人になりたいとか人気者になりたいとか何でもいいです。

次にどれくらいの期間を設定するかです。これは非常に大事です。短すぎると非現実的だし、長すぎてもだらだらしてしまうし、自分の性格や現状から判断して設定しましょう!これは3のどういうプロセスが必要かともセットで考えるとイメージが沸いて現実的な設定がしやすいです。

私の経験則ですと、だいたい3か月あったら人は変われます。

最後にそれを叶えるために毎日することです。よくルーティーンなんて言われますが、自信を持つためには毎日の積み重ねが非常に大事になってきます!小さいことでもいいので毎日継続できることにしましょう!

人間関係と絡めるなら

実際これが最短かもしれません。学生なら学校内で堂々としている人、社会人なら職場で堂々としている人とか理想とする人と多く接することです。武道やビジネスでもそうですが、他人の真似をして覚えるというのが一番成長する方法です。それは自信を持つうえでも同じことで自信を持っている人の言動をすべて真似して、その人になりきったつもりで長い時間いると、自然と自信がついてくるはずです。さらに言えば、自信満々な人達で周囲を固めるというのはおすすめです。人間は適応能力が高いがゆえに環境に影響されやすい生き物ですから。

まとめ

  • 誰でも自信をつけることができる
  • 自信をつけるためには積み重ねが重要
  • 過去を振り返り自分を理解することが大切
  • 目標をちゃんと決める
  • 実は真似するのが最短